この映画について   あらすじ
この映画について
監督は本作が本格長編第一弾となる、活弁映画監督の山田広野。
これまで自ら監督した映画を自ら活弁をつけて上映するという独自のスタイルで活動を行ってきた山田監督が、 今回は"活弁"を封印し、長編劇映画に挑んだ!

原作は孤高のイラストレーター・長尾みのるの一大傑作「イラストーリー バサラ人間」(1969年刊行)。
フーテン・ヒッピー・アングラ文化への回答として描かれたこの原作を、 山田監督はサイケデリック・レトロフューチャーなビジュアル・センスを駆使して、愚かしくも愛おしい群像劇として映画化した。

音楽はサイケデリックの大御所、J・A・シーザー。

主演は「モデル出身俳優」のパイオニア、団時朗。

助演には、おそらく日本最高の出演本数を誇る、ピンク映画界伝説の俳優・野上正義と、 史上最大の自主映画『戦争の犬たち』のプロデューサー兼主演の飯島洋一。
さらにミスヤングマガジン史上最高のエロティック少女・仲村みうがニンフェットな魅力を炸裂させる!
お問い合わせ